SUPER GT 2020's

SUPER GT 2019's

SUPER GT 2018's

SUPER GT 2017's

SUPER GT 2016's

SUPER GT 2015's

SUPER GT 2014's

SUPER GT 2013's

SUPER GT 2012's

SUPER GT 2011's

SUPER GT 2010's

〜 2009

 
  • Weds Co.,LTD
  • 横浜ゴム株式会社
  • TOYOTA GAZOO Racing
  • Charoen Pokphand Foods
  • 株式会社新興工業
  • 小倉クラッチ株式会社
  • ホクアイ 北愛動物病院
  • @NUTEC-Interceptor@ニューテックオイル@
  • ジェームス(株式会社タクティー)
  • 有限会社 小林商会
  • 藤壺技研工業株式会社
  • BRIDE
  • 株式会社宮田自動車商会
  • オガワタイヤ
  • こばやし歯科
  • arto
  • 株式会社デザインラボ
  • 株式会社グループエムレーシング
  • OAKLEY
  • ENDLESS
  • リンテックサインシステム株式会社
  • エフ商会
  • カミナリモータース
  • 杉崎運輸株式会社
  • タックペイント
  • ニチエ株式会社
  • ClearPlex  PPFSHOP
  • 岡野運送
  • メカニクス
  • KRS
  • ドクタージュエリー
  • タマチ
  • 前田シェルサービス
  • FC町田ゼルビア

Round.2 FUJI RACE REPORT


2020 AUTO BACS SUPER GT [たかのこのホテル FUJI GT 300km RACE]

1144953 1 2x 1144953 2 2x 1144953 3 2x 1144953 4 2x 1144953 5 2x 1144953 6 2x 1144953 7 2x 1144953 8 2x 1144953 9 2x 1144953 10 2x 1144953 10 2x 1144953 10 2x
  • 1144953 1 2x
  • 1144953 2 2x
  • 1144953 3 2x
  • 1144953 4 2x
  • 1144953 5 2x
  • 1144953 6 2x
  • 1144953 7 2x
  • 1144953 8 2x
  • 1144953 9 2x
  • 1144953 10 2x
  • 1144953 11 2x
  • 1144953 12 2x

■開催日:2020年 8月 8日〜8月 9日
■コース:富士スピードウェイ(全長4.563km)
■天候:<予選> 曇 <決勝> 曇
■路面コンディション:<予選>ドライ <決勝>ドライ
■チーム:TGR TEAM WedsSport BANDOH
■車名:WedsSport ADVAN GR Supra
■ドライバー:国本 雄資/ 宮田 莉朋
■監督:坂東 正敬
■入場者数:無観客開催

S2020年シーズンは新型コロナウイルスの感染の可能性を下げる為、公共交通機関を用いないでも移動できるようにと富士スピードウェイ、鈴鹿サーキット、ツインリンクもてぎのみで開催されることになった為、第2戦は開幕戦に引続き富士スピードウェイで行われた。
6月の合同テスト、開幕戦に続き3イベント連続の富士スピードウェイで今大会では、前戦とは違い土曜日に予選、日曜日に決勝と通常のスケジュールの中で開催された。開幕戦後には梅雨も明け、事前の天気予報も晴天で例年同様、暑い富士スピードウェイでのレースで上位を目指した。


公式練習 [たかのこのホテル FUJI GT 300km RACE]

■ 8月 8日(土)公式練習 【12位/1分29秒193】

天候:曇 | コース:ドライ | 気温 27℃ | 路面温度 37℃


3戦いの舞台は前戦と同じ富士スピードウェイだが、日差しは強く気温も高く、夏真っ盛りの富士スピードウェイ。公式練習の始まる9:30の時点で気温は30℃を超え、路温も45℃と全く異なるコンディション。

19号車WedsSport ADVAN GR Supraは国本選手から乗り込み、持込のセットアップの確認、調整を行う。1
5周目には1’29.123でその時点での6番手とまずまずのタイムを出す。ここで宮田選手に交代。決勝を想定したロング向けのセットアップへ変更し、GT300の占有走行が始まるまでのロングランを行う。

タイヤ、燃費の状況を確認しながら、順調に周回を重ねていたが、残り時間3分ほどのところで、車両のモニター上に突然警告が出た為ストレート上に停止した。
車両は即座にFROによって回収されピットへ帰ってきた。メカニック、TCDのスタッフがデータチェックや内視鏡などでエンジンを確認するが、問題は見つからず、センサーにエラーが出ただけの様だったので、占有走行終了間際にコースインし、実走のチェックも行えた。
幸いにも問題はなっかった為、予選に向けたアタックシミュレーションは出来なかったが、問題なく予選は出走できる状態であった。

公式練習後の監督・ドライバーコメント


国本 雄資選手

予選前のフリー走行終わりました。まず僕から乗り込み、持ち込んだタイヤを比べてました。その後宮田選手へ交代し、ロングランを行いました。
予定していたメニューはしっかりこなしたのですが、最後に占有走行時に予選のシミュレーションを行うところで、少しトラブルが起こってしまい最後確認が出来なかず残念でしたが、予選に向けて気持ちを切り替えて予選では100%力を発揮できるようにしたいです。


宮田 莉朋選手

公式練習は途中トラブルが出てしまい、占有走行はチェック走行になってしまいましたが、トラブルがあったとはいえ、問題はなく終える事は出来たと思います。
予選に向けてはタイヤのフィーリングがいまいち掴み切れていないところもありますが、どんな状況でもベストを尽くしてQ2に繋げられる様に頑張りたいと思います。


坂東 正敬監督

思ったよりか気温が上がらなかったので色々な部分が噛み合ってなかったかな、、と思ってます。
前回のレースでデータは取れているので予選に向けてアジャストしていければと思います。



公式練習結果

8月 8日(土) 9:45〜11:38
天気:曇|路面:ドライ|気温:27℃|路温:37℃

Po No Machine Driver Best Time Diff.(km/h) Laps Tire WH
1 100 RAYBRIG NSX-GT
Honda NSX-GT / HR-420E
山本 尚貴
牧野 任祐
1'28.062 186.53
km/h
37 BS 10
2 17 KEIHIN NSX-GT
Honda NSX-GT / HR-420E
塚越 広大
ベルトラン・バゲット
1'28.446 0.384 36 BS
3 12 カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20B
佐々木 大樹
平峰 一貴
1'28.464 0.402 41 BS
4 8 ARTA NSX-GT
Honda NSX-GT / HR-420E
野尻 智紀
福住 仁嶺
1'28.527 0.465 32 BS 6
5 3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20B
平手 晃平
千代 勝正
1'28.771 0.709 41 MI 8
6 16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT
Honda NSX-GT / HR-420E
武藤 英紀
笹原 右京
1'28.816 0.754 41 YH
7 23 MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20B
松田 次生
ロニー・クインタレッリ
1'28.859 0.797 39 MI
8 38 ZENT GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500 / RI4AG
立川 祐路
石浦 宏明
1'28.873 0.811 32 BS 16
9 37 KeePer TOM'S GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500 / RI4AG
平川 亮
ニック・キャシディ
1'28.915 0.853 41 BS 42
10 36 au TOM'S GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500 / RI4AG
関口 雄飛
サッシャ・フェネストラズ
1'29.054 0.992 39 BS 30
11 39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500 / RI4AG
中山 雄一
阪口 晴南
1'29.157 1.095 41 BS 12
12 19 WedsSport ADVAN GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500 / RI4AG
国本 雄資
宮田 莉朋
1'29.193 1.131 35 YH 4
13 64 Modulo NSX-GT
Honda NSX-GT / HR-420E
伊沢 拓也
大津 弘樹
1'29.432 1.370 35 DL
14 14 WAKO'S 4CR GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500 / RI4AG
大嶋 和也
坪井 翔
1'29.518 1.456 32 BS 22
15 24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20B
高星 明誠
ヤン・マーデンボロー
1'29.742 1.680 36 YH 2


タイヤ=BS:ブリヂストン/DL:ダンロップ/MI:ミシュラン/YH:ヨコハマ

WH=ウェイトハンディキャップ(kg)


Start Time : 9:45'00 Finish Time : 111:38'00

赤旗 : 1)10:18 - 10:24 2)11:12 - 11:18


No.3 平手晃平 罰金50,000円(H項違反「赤旗中の追い越し」)


予選 [たかのこのホテル FUJI GT 300km RACE]

■ 8月 8日(金)予選 【14位/1分28秒236】

天候:曇 | コース:ドライ | 気温 27℃ | 路面温度 37℃


予選Q1のドライバーは開幕戦に続き宮田選手が担当。予選前の緊張した面持ちでマシンへと乗りこむ。
前回は0.3秒足りず、Q2進出を逃したが、他のGR Supra勢よりハンデウェイトが軽いので、何とか上位8台に入りたい。
路温は37℃と午前中に行われた公式練習の時よりはかなり下がってきていた。
今回は予選開始から全車ピットで待機し、ウォームアップ、アタック時の路面状況をうかがう。

19号車は1分30秒経ったところで4台目と早めのコースインをした。その後すぐに他車もコースインして15台がそれぞれアタックをしていく。
宮田選手は下がってきているとはいえまだまだ高い路温の為、早々にウォームアップを終え3周目にアタックを開始。各セクターで順調にベストを更新し、1’28.236で暫定2番手のタイムを叩きだす。
しかしその後、他車も続々とベストタイムを更新していく。15:13にチェッカー降られた時には残念ながら14番手まで落ちてしまい。Q2進出はならず、後方からのスタートになってしまった。

Q2は残り2分から各車がアタックラップに入り、残り1分で1’27.300を出した8号車が残りの車を押さえてトップに、2番手は17号車、3番手は39号車となりました。
予選結果は、8-17-39-12-23-36-100-14となります。


予選後の監督・ドライバーコメント


国本 雄資選手

予選はQ1突破する事が出来ず14番手でした。非常に厳しい、残念な予選となってしまいました。
公式練習から予選に向けて、もっと速くなるようにセットも変更して予選に挑んだのですが、思っていたようなパフォーマンスを発揮できず、想定タイムよりも遅くなってしまい、残念な結果となってしまいました。
エンジニア、ドライバーとで問題点を解決できるように話しをしているので、決勝に向けては車をアジャストさせて、良い状態に持っていけるようにしたいと思います。
14番手からのスタートですが、しっかりとミスなく戦い、ポイント獲得し、今後のレースに向けてデータを沢山取れるようにしたいと思います。


宮田 莉朋選手

予選Q1を担当しました。
厳しい結果となってしまいましたが、まだ決勝はどうなるかわかりませんし、周りのタイヤの状況もわかりません。
僕らは決勝に向けては強いタイヤを選択しているので、チームと横浜ゴムさんと共にいい結果を残せるように頑張りたいと思います。


坂東 正敬監督

ドライバーには辛い思いをさせてしまいました。
データを分析してエンジニアと決勝に向けてセットアップを変更したいと思います。
応援してくださった方々には大変申し訳ない結果ですが決勝は必ず巻き返せると思っているので、明日の決勝はチーム力で頑張りたいと思っています。


予選順位

8月 8日(日) 15:03〜
天気: 曇|路面:ドライ

Po No Machine Driver
Q1 Q2 Tire WH
1 8
S
ARTA NSX-GT
Honda NSX-GT / HR-420E
野尻 智紀
福住 仁嶺

1'27.991
1'27.300

BS 6
2 17
S
KEIHIN NSX-GT
Honda NSX-GT / HR-420E
塚越 広大
ベルトラン・バゲット

1'27.952
1'27.459

BS
3 39
S
DENSO KOBELCO SARD GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500 / RI4AG
中山 雄一
阪口 晴南
1'27.602


1'27.729
BS 12
4 12
S
カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20B
佐々木 大樹
平峰 一貴

1'27.634
1'27.795

BS
5 23
S
MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20B
松田 次生
ロニー・クインタレッリ
1'27.971


1'27.799
MI
6 36
S
au TOM'S GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500 / RI4AG
関口 雄飛
サッシャ・フェネストラズ

1'27.887
1'27.863

BS 30
7 100
S
RAYBRIG NSX-GT
Honda NSX-GT / HR-420E
山本 尚貴
牧野 任祐

1'27.328
1'27.987

BS 10
8 14
S
WAKO'S 4CR GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500 / RI4AG
大嶋 和也
坪井 翔
1'27.959


1'28.049
BS 22
9 16
S
Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT
Honda NSX-GT / HR-420E
武藤 英紀
笹原 右京

1'28.089


YH
10 37
S
KeePer TOM'S GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500 / RI4AG
平川 亮
ニック・キャシディ
1'28.094



BS 42
11 38
S
ZENT GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500 / RI4AG
立川 祐路
石浦 宏明

1'28.101


BS 16
12 3
S
CRAFTSPORTS MOTUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20B
平手 晃平
千代 勝正
1'28.168



MI 8
13 64
S
Modulo NSX-GT
Honda NSX-GT / HR-420E
伊沢 拓也
大津 弘樹

1'28.197


DL
14 19
S
WedsSport ADVAN GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500 / RI4AG
国本 雄資
宮田 莉朋

1'28.236


YH 4
15 24
S
リアライズコーポレーション ADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20B
高星 明誠
ヤン・マーデンボロー

1'29.073


YH 2
GT500 以上予選通過


タイヤ=BS:ブリヂストン/DL:ダンロップ/MI:ミシュラン/YH:ヨコハマ

WH=ウェイトハンディキャップ(kg)


Q1 開始時刻: 15:03/終了時刻 : 15:13

Q2 開始時刻: 15:41/終了時刻 : 15:51



決勝 [たかのこのホテル FUJI GT 500km RACE]

■ 8月 9日(日)決勝【15位】

天候:曇 | コース:ドライ | 気温 30℃ | 路面温度 40℃


富士山は見えず、上空は朝から雲に覆われていたが、ウォームアップ走行の行わる昼頃には日差しが出てきて、気温、路温は上がり、いつもの夏のレースの模様となってきた。
まずは国本選手からステアリングを握り、前日までとは大きく変えたセットアップを確認する。
他車の状況はわからないが、5周目には1’30.514で5番手のタイムを刻む。さらにタイムを削り1’30.083を出したところで、決勝に向けてのピットワークシミュレーションも行い宮田選手へと交代し、チェッカーまで走行する。
新しいセットアップはブレーキも止まりやすく、ダウンフォースのバランスもいいとかなりの好感触の無線が入り、決勝での追い上げに期待が高まった。

決勝は国本選手がスタートを担当。1周のフォーメーションラップを終え、各車一斉に加速をし、TGRコーナーへと飛び込んでいった。
19号車WedsSport ADVAN GR Supraはアウト側から一気に前にいた64号車、3号車をオーバーテイクし、前を走る38号車へと食らいついていった。
僅差のまま周回を重ねていき、富士スピードウェイの名物1.5kmのホームストレートで6周目には302.521km/hをマークする超高速バトルを繰り広げられた。その後もなかなかオーバーテイクはできなかったが、大きく離されることははく、レースは進んでいった。
24周目に前を走る38号車がピットインを済ませると、19号車WedsSport ADVAN GR Supraも予定通り25周を走ったところでピットインをする、ドライバーを宮田選手に交代、タイヤ交換、給油を素早く済ませ、38号車の前の13番手でコースに復帰することに成功した。

29周目にはアウトラップの16号車をオーバーテイクして12番手。31周目にタイミングを引っ張っていた3号車がピットインをした為、11番手に。続いてピットイン済ませてアウトラップだった23号車もオーバーテイクして入賞圏内の10番手に入った。GT500勢で最後まで引っ張っていた24号車もピットインをすると9番手に上がった。
さらに36周目にトップを走っていた8号車がスピンをして止まった為、8番手と前戦の結果を上回るポジションとなった。前を走る100号車へのギャップも少しずつ詰めていき、その前の5位争いまでが見える範囲まで上がってきた。

しかし、46周目に宮田選手から突然まっすぐに走らなくなったという無線が入り、急きょピットへ戻ってきてしまった。マシンをガレージへしまい、メカニックが確認すると、ドライブシャフトが折れてしまっていた。
後方から順調に追い上げ、上位が見えていたが、残念ながら19号車WedsSport ADVAN GR Supraはコースへ復帰することは出来ず、そのまま46周で完走扱いの15位でレースを終えることになってしまった。

レースは、トップの8号車と2番手の17号車が後方を序盤から突き放して逃げ、2位と3位とのギャップを広げて行く中、15周目に17号車が8号車をパスしてトップに躍り出ると、8号車を引き離し単独トップへ。途中、17号車はピット戦略で36周目に8号車に一時トップを譲るものの、8号車の単独スピンでトップを取り返した後は、2位との差を15秒と広げたまま単独トップ走行を重ねてチェッカー。2位は24周目に2位へ躍り出た36号車がそのまま、3位はレース途中まで争われた3位争いを制した14号車が獲得しました。
以下、37-100-39-38-3-23-16--12-24-64-8-19となります。
※12号車の40秒ペナルティ反映の確定順位となります。

次戦のRd3は舞台を移し、三重県の鈴鹿サーキットで行われます。サーキットの特徴も大きく異なりますので、表彰台のトップを目指し、爆走していきます。
皆様のご声援、誠にありがとうございました。


決勝後のコメント


国本 雄資選手

結果は残念ながらドライブシャフトが折れてしまい、走行不能となりレースを終えてしまいました。
土曜日から走って、昨日は調子があまりよくなく、予選でも良いパフォーマンスを発揮する事が出来できず、公式練習のロングランをみても苦しいレースを覚悟していたが、予選後にエンジニアが原因を究明してくれ、大きくセットアップを変更し、レースに挑めました。
僕のスティントはタイヤもコンスタントに走れ、タイムを安定していました。ポジションも2つ上げて宮田選手に繋げる事が出来ました。
僕は短いスティントでしたが良いペースで走れ、後半の違うコンパウンドのタイヤを履いた宮田選手のぺースも良く、ピットでも順位を上げることも出来、ポイント圏内を走れていたので、最終的な結果は残念でしたが、チームとしてはその中では良いレースだったと思います。
次の鈴鹿はウエイトハンデの軽い状態で臨めることはポジティブな要素ですので、ここまでの2レースのデータを元に、すべてを形にして優勝を目指したいと思います。
応援ありがとうございました。


宮田 莉朋選手

今回も第2スティントを担当しました。
ペースがすごく良く、ピットアウト時よりも2ポジションアップすることが出来ました。8番手を走行して、前の5位までの集団も見えていたところでしたが、GR Supraコーナーを立ち上がったところでメカニカルトラブルに見舞われてしまい、そのまま走行を終えることになってしまいました。
メカニカルトラブルはメカニックがどれだけメンテナンスをしていても起こってしまうもので、仕方ないとも思います。しかし、これだけペースの良いレースが出来、収穫できたものは大きいと思います。
これを次の鈴鹿にいかし、この悔しさを晴らせるように優勝目指して頑張りたいと思います。
今回は沢山の応援ありがとうございました。
引続き応援よろしくお願い致します。


坂東 正敬監督

正直に悔しいですね・・
何故?と思う気持ちしかありません。
スポンサー・ファンの皆様本当に申し訳ありませんでした。
エンジニアの提案でセットアップを変更して、国本選手もスタートを上手く決め、作戦もショートで入る作戦でピットワークも素晴らしく、ピットで38号車を逆転し、その後のペースも速く、宮田選手は前方に追いつこうとしていた時でした。
もちろん、14番手から勝つのは難しかったレースでしたが全員の力で壊れるまでは100点のレースでした。持っているパフォーマンスは出せたので本当に悔しいです。
まずは原因を追究して鈴鹿に望みます。
チームの悔しい気持ちは次の鈴鹿でぶつけます。
応援ありがとうございました。


決勝順位

8月 9日(日) 14:00〜(66Lap)
天気:曇|路面:ドライ|気温 30℃|路面温度 40℃

Po No Machine Driver
Lap Best Lap Time&Diff Tire WH
1 17 KEIHIN NSX-GT
Honda NSX-GT / HR-420E
塚越 広大
ベルトラン・バゲット
66 1'29.444 1:41'37.698 BS
2 36 au TOM'S GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500 / RI4AG
関口 雄飛
サッシャ・フェネストラズ
66 1'29.912 15.762 BS 30
3 14 WAKO'S 4CR GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500 / RI4AG
大嶋 和也
坪井 翔
66 1'30.348 33.686 BS 22
4 37 KeePer TOM'S GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500 / RI4AG
平川 亮
ニック・キャシディ
66 1'30.061 36.679 BS 42
5 100 RAYBRIG NSX-GT
Honda NSX-GT / HR-420E
山本 尚貴
牧野 任祐
66 1'30.155 40.659 BS 10
6 39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500 / RI4AG
中山 雄一
阪口 晴南
66 1'30.240 45.449 BS 12
7 38 ZENT GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500 / RI4AG
立川 祐路
石浦 宏明
66 1'30.478 47.405 BS 16
8 3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20B
平手 晃平
千代 勝正
66 1'30.663 47.637 MI 8
9 23 MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20B
松田 次生
ロニー・クインタレッリ
66 1'30.129 58.770 MI
10 16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT
Honda NSX-GT / HR-420E
武藤 英紀
笹原 右京
66 1'30.270 1'00.071 YH
11 12 カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20B
佐々木 大樹
平峰 一貴
66 1'30.003 1'25.078 BS
12 24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20B
高星 明誠
ヤン・マーデンボロー
65 1'31.169 1 Lap YH 2
13 64 Modulo NSX-GT
Honda NSX-GT / HR-420E
伊沢 拓也
大津 弘樹
65 1'30.962 1 Lap DL
14 8 ARTA NSX-GT
Honda NSX-GT / HR-420E
野尻 智紀
福住 仁嶺
63 1'29.333 3 Laps BS 6
15 19 WedsSport ADVAN GR Supra
TOYOTA GR Supra GT500 / RI4AG
国本 雄資
宮田 莉朋
46 1'30.615 20 Laps YH 4
GT500 規定周回数:46


タイヤ=BS:ブリヂストン/DL:ダンロップ/MI:ミシュラン/YH:ヨコハマ

WH=ウェイトハンディキャップ(kg)


規定周回数 : 66Laps

開始時刻 : 13:03'25/終了時刻 : 14:45'02

出走台数 : 15台/完走台数 : 15台


ファステストラップ : 1'29.333 No.8 ARTA NSX-GT/福住仁嶺

No.12 佐々木大樹 競技結果に40秒加算 (Spr.13-1.a「危険なドライブ行為」)